浪江町復興支援員を対象にメンタルヘルスセミナーを開催しました

平成29年10月12日(木)14:00~17:00に、浪江町復興支援員を対象にメンタルヘルスセミナーを実施しました。参加者は、全国6ヵ所の復興支援員19名でした。

今回は、弘前大学教育学部発達心理学の教授にご協力いただき、「よりそい続けることの意味-支援者が不要なストレスをためないために-」の講話のあと、希望者のうち10名の支援員の個別相談に対応できました。今後のストレス対処方法の参考にしてもらうために、CISS質問票の結果も用いて説明しました。また、個別相談中に待機している方々には、放射線に関する質問にも対応できました。事後アンケートでは、内容、時間について概ね良い評価が得られましたので、今後も機会があれば実施していきたいと思います。

このページの先頭へ戻る