平成30年1月11日(木)、放射線に関する対話集会「第27・28回おしゃべり会」を開催しました。

 第27回、第28回のおしゃべり会は、桑折町の桑折駅前団地、二本松市の石倉団地で行い、それぞれ8名、12名の方が参加してくださいました。桑折駅前団地、石倉団地でのおしゃべり会はそれぞれ3回目の開催でしたが、毎回参加してくださる方もおり、弘前大学教員や復興支援室職員と顔見知りになり、和やかな雰囲気の中で「おしゃべり会」が開催されました。

初めに、測定器や線量率の目安など、放射線に関する基礎知識について情報共有を行い、その後、放射線等に関する質疑応答及び意見交換を行いました。参加者の皆さまからは、放射線測定器や健康、食品に関するたくさんのご意見や質問をいただき、お話も弾んで時間が足りないくらいでした。

石倉団地でのおしゃべり会では、団地のパトロールをしている方々にも参加していただき、「初めて放射線の話を聞いた」や「また話を聞きたい」等のご意見を頂きました。

桑折駅前団地でのおしゃべり会の様子

石倉団地でのおしゃべり会の様子

本活動は、環境省「リスクコミュニケーションに係る拠点の設置等」事業として実施しています。

このページの先頭へ戻る