浪江町民の皆様が集まる場「あっぷるサロン」を開催しました。 令和2年度テーマ②「健康維持増進企画」

 

弘前大学は、環境省事業の一環として、「あっぷるサロン」を浪江町内で開催しています。令和2年度は、「楽しんで学ぶ放射線企画」「健康維持増進企画」「参加者で創りあげる企画」の大テーマに沿った内容を企画しました。テーマ別にご紹介いたします。

― 健 康 維 持 増 進 企 画 ―

【手洗い教室:特殊なパウダー、紫の光、箱を使って、手洗いに不十分な箇所があるか確認してみましょう】

参加者には、普段通りに手指消毒と手洗いをしてもらい、手洗いチェックローションとブラックライトを使用して、手指用毒液の塗り残しや手洗い時の洗い残し部分を確認し、手のイラストが描かれたチェックシートに示しました。チェックシートを用いて不十分な箇所の確認後、手指消毒や手洗いの注意点、手洗いが不十分になりやすい部位、改善方法などについて指導を行いました。参加者からは、「日頃の手洗いは、意外と洗い残しがあったので、これからもう少し丁寧に洗おうと思う」「手洗いが不十分だと気づいた」「自分では大丈夫と思っていた洗い方では十分ではないことがわかった」などの感想がありました。

 

手指の洗い残しを確認している様子

手洗いの注意点等を説明している様子

サロンでは主となる企画と併せて、浪江町で貸し出している個人線量計(D-シャトル)の結果の読み取りや放射線の専門家が対応する放射線相談等を行っています。

本活動は環境省再委託事業「リスクコミュニケーションに係る拠点の活動支援」として弘前大学が実施しています。

このページの先頭へ戻る